統合医療、日本の医療の未来

統合医療とは、西洋医学による医療と代替医療を融合させた治療法であり、2010年時の政府の意向により、ますます西洋医学の医師が代替医療を取り入れ始めています。明治維新前は、東洋医学を中心とした医療が行われていたが、維新後は、西洋医学が中心になっていた。しかし近年は、補完代替医療(CAM=Complementaly and Alternative Medicine)とも呼ばれ、世界的に統合医療の研究が推進され、日本でも統合医療の研究が急務となっています。

西洋医学について

西洋医学は「対処療法」であり、東洋医学は「原因療法」であります。どちらにも良さがあり、療法の医療には足りない部分を補い合える部分が多々あります。また、東洋医学による"未病"という考え方である、健康でもないがでも病気ではない状態から治療をして行くということにより、病気の超早期発見や健康維持により、医療費の軽減が出来るという利点もあります。

代替医療の種類

代替医療の主な種類は、鍼灸・漢方治療・中医学・ホメオパシー医学・ナチュロパシー医学・アーユルヴェーダなどの「伝統医療」、「温熱・温泉療法」、また柔道整復・カイロプラクティック・整骨などによる「手技療法」、「食事・栄養療法」、ハーブ・アロマによる「植物療法」、瞑想・ダンス・音楽・芸術療法などの「心身療法」、「運動療法」、気功・電磁・霊気などの「エネルギー療法」などがあり、これらの代替医療は、人間が本来持っている自然治癒力を大きく引き延ばし、治療効果を更に高めるということが期待されています。

代替医療の効果

しかし代替療法は、効果が人それぞれであったり、目や数字に大きく現れにくい点もあるために、まやかしの様に言われることもあるのですが、そのグレーな部分を少しでもポジティブな臨床結果に繋げ、一人でも多くの患者が統合医療を取り入れて効果を得られて行くことで、統合医療のますますの知名度と発展が期待されます。まずは、患者ひとりひとりの健康に対する意識と、身体=心という、ホリスティックな考え方を養って行く事も、統合医療を推進して行く上で重要な考え方であります。

製薬業界の参考サイト

医療機器専門の転職サイト
JCL Consulting は医療機器専門の人材紹介会社です。医療機器メーカーとの強いパイプを持っており、他社にはない独自の求人案件を多数保有しております。
製薬メーカー
日系及び外資系の製薬メーカーの企業情報サイト